自分の好きに作ればいい!?店舗デザインを決めるポイントとは

店舗をデザインする方法

店舗のデザインには、その店の売り上げを大きく左右する重要な役割があります。そこでデザイン会社に店舗デザインを依頼するのが一般的ではありますが、オーナー自身にデザイン案がある場合にはデザイン案を持ち込んで相談するのもオススメです。やはり、自分の店舗は自分の好きな店舗に仕上げたいですからね。デザイン案をもとに、プロの意見を取り入れつつ仕上げていけば、好きなデザインに機能性も加わり良いスタートがきれますね。

内装のコンセプトのを固める

内装は天井や床、壁といった広い面積を何色にするのか、またどのような素材にするのかでイメージが大きく変わります。店舗全体でどのような表情にしたいのかのコンセプトを決めておかないと、先には進めません。

業種による内装の違い

内装に個性を出すのは人気店になる鍵でもありますが、業種によっては裏目に出る場合があるので注意しましょう。例えば、ラーメン屋さんなのにオーナーの趣味でテーブルや椅子がピンクでフリフリだったら、いくら美味しいラーメンでも入店しづらいですよね。

機能性を重視した内装

店舗の機能性とは、お客様が自然と立ち寄りたくなる雰囲気や、入店後に居心地が良いと思ってもらえるデザインにあります。売りたい商品がより美しく見えるような演出が出来るかどうかでしょう。もし既存店舗のリフォームをする予定があるなら、機能性を高めて生まれ変わらせるリノベーションも検討してみてはいかがですか。

お客様が入りたくなるデザイン

デザインの仕上げにはそこに配置される什器も、店舗雰囲気の盛り上げ役です。主役である商品が一番輝けるデザインを生み出すには、コンセプト固めて雰囲気を統一することから始めるのが店舗デザインを決める軸になるでしょう。

店舗デザインとは、店舗のレイアウトや棚の配置、顧客の導線デザインすることを言います。それらは、企業が顧客に伝えたいと考えているイメージを体現したものになります。