部屋探しにこだわりがある場合には優先順位を付けよう

全部のこだわり条件を書き出してみる

賃貸物件を探し始めた時に、インターネット検索を利用すると、様々な条件を付けることが出来ます。しかし、あまりにも条件数が多いと、該当物件無しという状態に陥るので、一度全部のこだわっている条件を書き出してみると良いでしょう。何となく頭で思い描いているだけでは、実際には大して気にしていないことまでも条件に含めている可能性があります。最初から条件を厳しくしすぎると、優良物件を見逃すことになりかねません。

優先順位3位以内のみこだわる姿勢を持つ

最初に譲れないと思っていた条件であっても、実際に書き出して比較してみると、優先順位が高くない条件が出てきます。本当に外せないこだわり条件は、3つ以内と考えて真剣に順位付けを行なってみると、本当に譲れない条件が見えてくるでしょう。最初からいくつまで条件として入れるかを決めてしまうと、こだわりの強さを認識出来るので、結果的に分かりやすく整理出来るわけです。試しにこだわりを3つのみで検索してみると、多くの部屋が見えてくることに気付きます。

賃貸エージェントの存在に頼ってみる

都市部では頻繁に使われるようになった賃貸エージェントは、客付け専門の不動産屋として営業をしています。どうしても譲れない条件がある場合には、インターネット掲載されていない非公開物件の中から、更にオーナーや元請け不動産屋と交渉して条件を通してもらえる可能性があるわけです。個人相手ではオーナーが交渉に応じなくても、間に賃貸エージェントが入ると攻め所を知っているので、案外要望が通ることに驚くでしょう。

登別の賃貸では、設備内容や間取りなどが異なる多種多様な物件が存在し、ライフスタイルの変化に応じた住み替えも可能です。