敷金と礼金は多いほうが良いってホント!?

敷金が多くて余計な追加費用が無ければ良い

敷金ゼロを謳う部屋を時々見かけるようになりましたが、詳しく話を聞いてみると初期費用が特に安くなっているわけでは無いことに気づくでしょう。敷金2ヶ月ならば、退去時に自然摩耗以外の原状回復費用として使われた残りが返金されますが、敷金ゼロの場合には別の名称で清掃費として独立して計上されていることが少なくありません。清掃費として定額で請求すれば、自然摩耗以外の部分に対しても使うことが出来るので、管理会社やオーナーにとって都合が良いわけです。賃貸保証会社を間に入れることにより、家賃回収面では問題を無くした上で定額清掃費を取る方法よりも、昔ながらの敷金2ヶ月で保証人を立てて支払う方式が入居者にとって有利なことは誰が見ても分かるでしょう。賃貸物件選びを行なう時には、敷金があった方が良いと考えられます。

礼金はゼロよりもあった方が安心

礼金は、大家に対する感謝の意からプレゼントする意味合いで納めるお金です。返って来ないお金と分かっているので、礼金を嫌う人が少なくありません。確かに礼金2ヶ月と記載されていたら引いてしまう人も多いでしょう。しかし、礼金0.5ヶ月分ならば、寧ろ良心的な賃貸ルームと考えられる理由があります。なぜなら、礼金を大家が受け取れる部屋には条件があり、金融機関からの借入が無く賃貸ルームの土地建物が抵当権設定されていないことが条件だからです。オーナーチェンジが賃貸経営失敗により入ると、次のオーナーから半年以内に退去するように突然求められることが少なくありません。安心して生活するためには、礼金が少しあった方が安心出来るわけです。

札幌市白石区にある菊水は、菊水駅を中心に発展しており、中規模の商業施設もあります。地下鉄が通っていることもあり交通の利便性が良いことから、菊水の賃貸マンションは住環境が良い物件が多くあります。